友達探しができるアプリを使った出会い術

- 友達を探せるアプリは出会い系アプリになり得るのか?

友達を探せるアプリは出会い系アプリになり得るのか?

たとえば「スマとも」のような友達を探すアプリでは、近所の人を探すことができますので、出会い系アプリとして応用することもできます。
またチャット目的の相手を探すアプリも、うまくいけば出会い系アプリに変わることもあり得るでしょう。
すべて利用者の使い方次第で、出会い系アプリに様変わりすることがあります。

GPS機能がついた友達探しアプリ

GPS機能が付いていると、アプリを所有していて利用している人が近所でいることがわかります。
これを使うことによって、近所や周辺にいる人と仲良くなることができます。
スマともやEyelandもこのようなアプリになります。
リアルで会えるチャンスが転がっていますので、事実上の出会い系アプリになります。
アプリの配信元は友達探し系のアプリになっていますが、男女との結びつきに変えることができますので、使い方次第では出会い系アプリになる使い方の典型的な例になるでしょう。


チャット友達と会う方法

メッセージバードはどんな人に届くかわからないメッセージ系アプリになります。
男性から女性に届く保障はありませんが、うまく行けば出会い系アプリに変わる可能性があります。
ただし時間が掛かるのがネックになるでしょう。
基本はチャット仲間、もしくは単なるひまつぶしで利用して、気が合えば仲良くなるアプリですが、使い方次第では出会い系アプリに変わることもあります。

弊害も多い

基本は若い世代が使うアプリになりますので、20代後半から使いにくいアプリになります。
しかし考え方を変えれば、若い子にも出会えるチャンスがあります。
また友達系アプリは、あくまでもアプリの中の友達であって、他の連絡先を交換することを禁じているアプリもあります。
電話番号やメアド、無料通話アプリのIDを記入することで、メッセージが送ることができないこともあります。
このようなアプリであれば、出会うためのテクニックが必要になるでしょう。

位置情報を使ったアプリの注意点

GPS機能が付いていますので、住所や生活圏内を特定される可能性が高くなります。
たとえば遊びのつもりで過激な写真を送ってしまい、そのあと仲良くなってリベンジポルノにあうリスクもあります。
GPS機能が付いているアプリは特に女性は警戒しなければいけません。
友達探しをするアプリを応用することで、出会い系アプリに変わる可能性があります。
使い方次第で、出会いがありますので、出会い系サイトにはないラフさで出会いも求めてください。
参考にしたサイトは出会い系アプリ評価レビューと攻略法というサイトです。

Copyright(C)2016 友達探しができるアプリを使った出会い術 All Rights Reserved.