特定されるリスクがある友達探しアプリ

- 特定されるリスクがある友達探しアプリ

特定されるリスクがある友達探しアプリ

出会い系アプリのなかで、位置情報を一緒に提供するアプリにがあります。
「スマとも」や「Eyeland」は代表的なアプリです。
出会い系アプリそれぞれに特徴があり、たとえば位置情報で男女の区別がすぐわかるようになっており、そしてメッセージを送れるようになっているのは、大変便利な機能になります。
しかし裏を返せば個人情報が筒抜けになっており、予期せぬトラブルが生まれることもあります。

簡単に相手がどこにいるのかわかる

位置情報は地図によって提示されますので、どこに同じアプリを使っている人が居るのかを瞬時でわかるようになっており、その座標をみれば、すぐにプロフィールまでわかるようになっています。
出会いや友達を探している人にとってみれば、とても便利な機能になりますが、違う視点から見ればリスクもあります。
特に女性はこのことはよく理解しておくべきです。


住所特定も

GPS機能がついているアプリになりますので、自宅からメッセージのやり取りをすれば、細かい特定までには時間が掛かりますが、ある程度はその場所がわかります。
実は意外なものにもGPS機能がついており、自宅で撮った写真にもその情報を知ることができることから問題になっています。
インターネット上で住所が特定されるのは、GPS機能もひとつの要因に挙げられています。

想定されるリスク

仲良くなって、ノリで裸の写真を相手に送るようなことも多くなっています。
しかし数日後なんからの原因で仲が悪くなってしまうと、リベンジポルノとしてその写真が使われる可能性があります。
住所とその写真を一緒にネット上の掲示板に書き込むようなことも起きるでしょう。
またストーカー被害を受ける可能性があります。
非常に大きな被害を受ける可能性があることを理解しておくべきです。
特に女性でGPS機能が付いていたせいで、大きな問題に発展する可能性があります。
このようなことにならないためにも、出会い系アプリのことをよく知っておかなければいけません。

Copyright(C)2016 友達探しができるアプリを使った出会い術 All Rights Reserved.